top of page

ワタシもそう思います

こちらの本を読んでみました


さいごに こう書いてありました


「私たちに残された時間は それほど多くありません。」

きっとそうなんだと ワタシも思います

2014年に出版された 本ですので 局面は変わり ジワジワと良い方向に 動いていることを 感じるのだけれど

実は そういう環境の中でしか 自分が動かなくなっただけ なのではないかと

ふと 元いた場所を 振り返ることがあります

 

あまり多くは 語ってくれませんが 7度の臨死体験を されているのだそうで

地球外も見てきた上で 早急に祓わなければならないと 南船北馬して ご活動されています (楠木正成公のようです)


小野先生も よくおっしゃるのです 「このまま どうにかなってしまったら 本当に…」と

 

急いては ことを仕損じます

気づいた方から ひたすらに 内観して 自己を祓いとおし 動いていくしかないと 詰まるところ 思います


深刻にならずに本気で

まだまだ微力では ありますが コーチングで ・内観の視座の持ち方 ・祓いの習慣 ・日常生活への反映 につきましてお手伝いを させていただいております selfcareSupport 長塚

関連記事

selfcareSupportは薬局機能を携えブラッシュアップいたします

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

本年も宜しくお願い致します

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23古事記をたずね己を照らす

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ

Comments


bottom of page