レストランではないのです

本日のメルマガでは 病院との付き合い方を 自分寄り にしませんか? というご提案をしてみました

ブログ、遠慮しすぎです でもお話ししていますが

どうも ワタシタチは 自分の身体のことなのに 自分のことなのに 遠慮しすぎなのです

それって 慎み深い とは違って

自分を大切にしていない ということなんだ

と、 知っちゃってください〜 (厳しい愛

あのですね、 やはりですね、 自分を大切に大切に 慈しまなきゃ〜 いかんとです  😀

病院で 自分を丸投げして、 与えられた薬を 身体に入れちゃう、 というのは あまりにも 乱暴な扱いです

今日こんな話を聞きました

「病院に血管造影検査を 促すポスターが貼ってあったので 自分も検査を受けてみようと 考えているのですが」と

お店のおすすめメニューを そのまま注文するかのごとく!

レストランではないのです!

でも、広告している以上 オーダーを受けたら、 お客様の注文ですから 受注するかもしれません

必要ないとしても!

「いやいや、必要ないのに 売りつけたりしないでしょ〜」 って、本気で思っていますか?

そういう方に限って 「買わされた〜」 って言っちゃうんです

よおく ご自身と相談してください ご自身の本当の声を聞いてください

専門外だからわからない なんてことはありません 自分のことは自分が専門家です ちゃんと聞いて そちらを大切にしてくださいね

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ