ミッションを見失った人の病2

「働き方改革」

この改革を いい迷惑だと インタビューで答えて いる方がいました

9e757b65c09decbc09a0f8edbca4250d_s

働くのが辛い と考えている人 ばかりでは無い ということです

働きたくないと おもいながら 働いて 体調を崩すこともあれば

働きたいのに 働けなくて 体調を崩すこともあります

定年退職後に 体調を崩すケースが よくみられるのは

これまた ミッションを 見失ったため 起こる病 といえます

ですので 「定年の延長」 「定年制の廃止」 などは 活用の仕方で 加療にも なるのではないかなと おもうところです

 

今ある施策の流れは 労働観の改革 でもあると思います

何のために 働くのか 何のために 生きているのか

国全体で 棚卸しする 時なのでしょう

この改革を 自分のために 活用するのか それとも 活用せず さらに自分を 封印するのか

試されます

雇用関係に あるかたは 雇用主、被雇用者の それぞれの理念が 改めて 浮き上がってくるので 相互の関係を 確かめるチャンスです

臆することなく 自信を持って 自分で 確かな選択を していきましょう selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ