ホコウエイ

蒲公英と書く タンポポの根っこをつけた全草

日本では根だけを 用いることが多い

ダンディーライオン ダンデリオン という名で、 ハーブならなじみがあるわ という方もいらっしゃるでしょう

ハーブも生薬も同じ パワーのある.. 特徴のあるパワーが ワタシタチの生活に馴染んだ 植物達である


冷やす系

肝・胃二系に入り 清熱解毒、利水通淋にはたらく

乳腺炎に用いるのは有名で 鮮品をつぶして外用に用いることもある 同様に 蛇に噛まれたり、虫さされにも 外用として用いられたりする

帰経が肝であるから 肝火による目の充血・ものもらいに 煎液で洗眼したりする

帰経が肝の蒲公英が 乳腺炎に有効であることを考えると 肝鬱気滞をおこして 乳腺炎がおきてくると 考えられるわけだから

もし、身近に乳腺炎で 大変な思いをされている方がいたら 産後の、からだもこころも 忙しいお母さんに、 抗生物質を飲ませて 断乳させるのではなく、 肝鬱気滞を解消させて欲しい

肝を変調させるのは怒り とくに春に変調を起こしやすい

だから、 タンポポは春に咲くのかな 自然はうまくできている

ウンチクもいいが その前に、自然に寄り添って 自然に教わりながら生活すれば それだけで済むことは たくさんある selfcareSupport 長塚

※通淋というのは おしっこをだすということ

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ