シャクヤク

昨日、今日と 2月中旬なのに 札幌で 雪ではなく雨が降り 雪解けしだした と思っていたら、 夜は吹雪いております…

萌えたいのに 萌えられない! 冬の間、 我慢していたんだから 早く萌えさせて!

というエネルギーの 渋滞がおこりやすい 春の三寒四温

季節の変わり目は こんなものかな〜 くらいに ゆったりと受け流しておいて みましょう

体が過敏に反応しすぎないように 心持ちでゆったりと養生します

芍薬シャクヤクは 肝経に入ります

肝に滞った気(肝鬱)を 散らしますので 滞った血(瘀血)も 流します

肝鬱はひどくなると 火がついて肝火となり、 血が熱を持つ(血熱) ようになるのですが

芍薬、特に赤芍は 清熱涼血します ※赤芍:赤花の芍薬の根

 

血液検査で肝細胞が 壊れているのを知ると 大概、皆さん 「お酒の飲み過ぎかな〜」 とおっしゃいますが〜 🙂

東洋医学では 怒りは肝をいためる といいます 😯

内的要因はできるだけ 増やさないように いたしましょう〜

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ