そもそも薬師は僧侶が行っていた

あらゆる病が ストレスを起因として 発症していると ようやく 納得され始めています

しかし病の対処は まだストレスの対処にまで 至っていません

なぜでしょうか

それは ストレスは 生活をしていくのに どうにも対処 しようが無いものと 思い込み 我慢するように なっているから かもしれません

実は ストレスというのは 自分の中で 生み出しているものです

職場が悪い 環境が悪い 運が悪い 何かのせいにしたいかも しれませんが

それでも ストレスは 自分で生み出しています

職場も環境も 摂理の運行に逆行するのも 全部自分の意識で 一つ一つ選択していることです

たとえ どんな職場や環境の中にあっても 意識を変容させていくことで ストレスと感じないようになりますし (ストレスを生み出さなくなりますし)

意識を変容させた上で その場が自分にそぐわない場所ですと 自然と気持ち良く 自分の活躍できるステージが 用意され、そこにシフトすることが できます

 

病はそういった意識の働きが カタチとなって現れてきていることを 知っていたので 薬師は意識の取り扱いを 知っている僧侶が行っていました

ですから 病が現れる前に 意識のケアが (スピリチュアルケアが) 当然のように行われていた わけです

もっと言えば 仏教や東洋医学が 日本に入ってくる以前の 上古の時 すなわち 縄文時代以前は 薬師もいらなかったものと 思われます

古典には 「漢方を用意するものの 使わなかった」 と書いています

しかし今は 分離分業が細分化され それを統括できる 情報を握っているものが すべてを掌握できる体制が 整えられています

もし その体制に惑わされず 自分で自分の生を 生きていきたいと それを選ぶのなら

今、ちょっとだけ 大切な何が欠けているのか 想いを致し、 欠けている何かを足すだけで、 変化が数珠繋ぎに起こることを

ワタシタチは体験して 大切なことを思い出さないと いけないと思います selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ