お屠蘇と五禽戯

こんにちは セルフケアサポート長塚です

ブログでお屠蘇のおはなしをして もう少し続きを書きたくなりました http://www.selfcare-s.com/屠蘇延命散/

屠蘇散をつくったのは 華佗という漢方医です

華佗は屠蘇散と同じく 酒でつくった麻沸散という 麻酔剤をつくって外科手術を 行っていました

華佗の方剤は ちょっと次元が 超えているのかもしれません

しかし角度を変えて解釈してみれば 生薬の組み合わせで それだけのパワーを生み出せる ということなのでしょう

そして、その華佗は 常に運動することの重要性を 説いていました

五禽戯って、知っていますか? 気功の体操なんですが これも華佗が考案したものです

一通りの身体のパーツと気を動かせるように 考えられたものなのだと思います 結構ハードですが 五禽(虎・鹿・熊・猿・鳥の動きを モチーフにしてあるので 笑いも誘える楽しい感じの気功です♪

運動不足になりがちな年末年始、 1日1禽でもいいので youtubeなどをみながら なりきって、演じてみてはいかがですか?

それでは、 良いお年を!

来年もまたよろしくお願い致します〜!

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ