お互いが豊かになる

認知症に対するケアを みていると

認知症だから必要になったケア ではなく 本来、人と人との関わり合いにおいて 必要であったケア が、浮き彫りになってきている

そんな風に感じます

「ユマニチュード」 二人のフランス人、イブ・ジネストさんとロゼット・マレスコッティさんによって作り上げられた、知覚・感情・言語による包括的なコミュニケーションに基づいたケア技法 は、 相手に『あなたは大切な存在である』 ということを伝え続けるための技術 だと 日本でユマニチュードを広げている 本田美和子先生はおっしゃっています