うちにサンタが来なくなった

うちには サンタさんは 数年前から 来なくなりました

santa_claus_back

なぜかというと それは 子供が サンタを 信じなくなったからです 😀

現象は 意識の具現でしか 無いので

疑ったり 信じなかったりしたら 叶わなくなるのは 当たり前の摂理です 😀  😀

自分で 無理だろう そんなわけ無い そうなるはずが無いと 疑ったり信じないというのは

心底で そう願っているのと 同じなのですから

 

子供が サンタさんに手紙を書いて 毎晩毎晩その日を楽しみに ワクワクして待っていると

それが叶えられる というのは どういうこと なのでしょうか?

願いを 具現化する その働きを 何者かが授かって サンタの使いとして お役目を果たすように なっている

そのように 受け止めることが できるのでは ないかと思います

サンタに お願いしたのだから サンタが姿を現して 目の前に運んでこなければ それは嘘だ ということではなく

誰かのこころの中に 「プレゼントを届けたい」 というが起きてきて

そのを いただいた者が それを行動に移す

という お蔭様の仕組みで プレゼントが届けられる ということです selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ