「香蘇散」

香蘇散 コウソサン という漢方があります

香:香附子(浜すげの根っこ) 蘇:蘇葉(赤シソの葉っぱ) の他、陳皮(みかんの皮)、甘草、生姜 で構成されている 散:こなぐすりです

さあ どんな証に使われる漢方でしょうか!?

蘇葉も陳皮も生姜も 温める系の生薬です

香附子も蘇葉も陳皮も カオリモノです カオリモノはざっくり言って 気を巡らせます

甘草はとてもえらい みんなのまとめ役です

う〜ん 想像がつきませんね? 想像つきましたか?

このね、生薬の構成から何に効いてくるかを イメージすることが大切です 効能書きにとらわれずに漢方を利用する 第一歩になります

そうですね シソの香り好き〜 みかんの香り好き〜 っていう方に合う方剤ですよ (どんな方剤じゃ〜い)

よく重宝がられるのは 胃腸が弱くて、 ちょっとしたことが気になって 具合悪くなる (風邪ひいたり、めまいしたり、吐き気したり) そんなときです

ドラッグストアではあまり見かけないかもしれませんが 「お取り寄せできますか?」ときいてみると 注文を受けてくれるお店が結構ありますよ

不思議なのは 植物たちは その’ちょっとしたことが気になる’という状態から 抜け出すパワーをワタシタチにくれる というところです

そのパワーをもらったら そのパワーをもらっているうちに その’気になるちょっとしたコト’が なんで気になるのか本治することが肝要です

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ