「銀翹散」

使ったことのない方剤を 試してみたいがために 風邪をひいたときに 服してみた時があって.. 😛

その時に 「ダメだ(証が)ちがった〜 😥 」 と、かえって病状が悪くなる という 誤治というものを ワタシに体感させた方剤だった

それ以来 札幌に引越してくる前までは ワタシは使わない方剤だった

銀翹散ギンギョウサンは 風熱の風邪につかわれる方剤で

これまでに紹介してきた 風寒の風邪に使う 温める系の方剤、 麻黄湯葛根湯・桂枝湯香蘇散 などとは性格が反対で

冷やす系の方剤であるから、 温めないといけないときに使えば かえって治りを遅くする

構成生薬は 連桔梗・薄荷 竹葉・甘草・荊芥・淡豆鼓・牛蒡子 これらを 剤として芦根で水煎する (芦根で浸出して、お茶みたいに飲む)

札幌に住む前の土地は 湿度が高く 冬の寒さこそ辛くはないが 風邪はきまって風寒邪だった

が、一方札幌では 冬は湿度が相当低く カラカラに乾いて 風邪は風熱邪として 入り込んでくることが 多いことを知ったのは 銀翹散が効いたからだった

外因性の邪は 土地、気候由来のものが 大きいということだ

ある中医薬メーカーの販売額は 北海道が一番だという

中医薬というのは 中国で発展した方剤で、 大陸の気候に合った方剤が 北海道にも適応するからなんだと ワタシは解釈している

しかし どんなところにいっても 邪が入り込まない正気を 保つことが 何よりの養生であることは 変わりはないのだよ〜 😀

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ