「屠蘇延命散」

もう6つ寝ると〜 お正月ですね

昨日の札幌は 急遽、 ホワイトクリスマスにしなければ〜 という天の責任感かのように 一気に雪が積もり 朝はアスファルトが見えていた道路も 昼には真っ白になり 夜にはツルツルになっていました

夕方には雪もやみ 1977年ぶりの12月25日の満月が アイスバーンの路面からも反射して 一面、光にあふれた夜でした


IMG_1135

次にこのような機会が訪れるのは 2034年とのこと このような日は恩寵の日なんだよと 教えていただきました なんでもその恩寵も〜1/6まで続くとか みんなで享受いたしましょう〜♪

さて、クリスマスが終わると お正月の準備、 お屠蘇を準備される方は いらっしゃいますか?

お屠蘇も実は漢方です 正式には屠蘇延命散 「邪気を屠(ほふ)り、 心身を蘇(よみがえ)らせる」

現在売られている屠蘇散は 構成生薬もメーカーにより アレンジが加えられていて 原典どおりのものは なさそうです

というのも 原典どおりにつくって誤治したら ホフラレルのが 邪気だけじゃなくなるような 構成生薬で

抜契:土茯苓・山帰来のこと 利湿導熱、清血解毒

烏頭:トリカブトの母根、 附子のような補陽というより熱燥

その他に 大黄・赤朮・桂心・防風・赤小豆

全体的に激しめに体を温め 去邪(特に痰湿)させ 心身を目覚めさせるような印象です

これをお酒に浸出させる わけですから ますますをもって 神聖な新年の儀式に 本気で心身を 覚醒させたんじゃないかな と思わせる方剤です

ワタシタチは 現代風にアレンジされた 市販されている屠蘇散で 漢方と新年のご挨拶を しておきましょう♪ みりん風味調味料は お使いになりませんように〜 selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ