「四逆散」

肝に気が滞り、気し 肢に気がまわらなくなった

そんな証の方剤です

シャクヤク芍薬甘草湯 →四逆散 のながれで投稿していますので もう一度辿っていただくと イメージが捉えやすいかな と思います

肝気が鬱結し肝火となり 内(裏)に熱をもち のぼせるんだけど、 手足はエネルギーがまわらず 冷えてくる


D785_nunowokaburuorau-tan-thumb-autox1500-15065

そこまできちゃっている証です (病位としては少陽、太陰まですすんでいる)

怒りが肝を変調させるとも 肝が変調して、怒りとなるとも いいますが

どちらにせよ イライラ、うつうつ、怒り をコントロールすることで 肝をまもることになってきます

コントロールするというのは 我慢することではありません

我慢しないで あたり、まき散らすこと でもありません

怒りをみつめ、 単に、浄化させることです

体に不調が現れたら まず、これをするのです

これが「一曰、神治」です

構成生薬は 柴胡・芍薬・枳実・甘草の4味

柴胡:ミシマサイコの根 肝気鬱結を解除する (だからキョウキョウクマン といったら、柴胡剤なのです しかも、この方剤では 病位がすすんでいるので 腹横筋までピキーンの状態、 横隔膜と腹横筋で「竹の字型」 の緊張を証のめやすとしたりします)

枳実:ダイダイの若い果実 破気消積!積もった気を消して破る!! 注)破気というくらいに正気を消耗する (同じミカン科のチンピに似ている)

ここまで積もらせたら ガツンといかないと〜 っていう方剤です selfcareSupport 長塚

内因性のことを たくさん書きましたが 爆弾低気圧がやってくるとき うつうつと具合が悪くなる、 そんな外因性の気鬱にも 頼りになりますえ 😉 

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ