「加味逍遙散」のはなし

こんにちは selfcareSupport 長塚です

「このメールマガジンは月刊マガジンだったのか!?」

と、登録したこと自体も お忘れだった方もいらっしゃったと思います 土曜日の昼下がりに失礼しております まだ、ワタクシ メールマガジンのシステムを 使いこなせておりません

先日は、ブログをマガジンとして発行してしまったりと 大変失礼をいたしております 申し訳ございませんでした 文頭でどうしてもお詫びさせていただきたかった〜! どうか長い目で応援していただけると嬉しいです

 

さて、しれっと本文に入らせていただきます 今回は漢方方剤「加味逍遙散」のお話です

ブログ漢方との出会いのときに服用したのが この方剤でした

ドラッグストアなどでは 月経困難・更年期障害といった効能を POPにつかって売っているところが多いです

どうしても西洋医学慣れしている私たちは 効能書きだけで、漢方方剤をも選びたくなってしまいますが それだけで選んでしまうと 効かない→漢方不信 ということになりがちです 「そんなことで、漢方を使えないなんてモッタイナイ!」

ですので このメルマガを読んでいただいている皆様には そんなことにならないように、 有効に漢方を使っていけるように、 簡単な漢方との付き合い方を ちょびっとずつ 理解していただこうと思っています

「加味逍遙散」 逍遙散に二つ生薬を加えた(加味)したといういみなのですが 名前だけでは、なんのことやらさっぱりわかりませんね 漢方の中でも 名前で推測しづらいのはこの加味逍遙散のほか数剤しかないので ご安心を

逍遙という言葉自体の意味は 気ままにぶらぶら歩くこと ということなのですが 気まま〜にブラブラができなくなっている方に合う イメージです あくまでイメージね!

瘀血(血の流れが滞っていて) →生理前、生理不順、閉経前、タバコを吸った時などはこの状態 ほかにも水分摂取が少なかったり、 精神的に血管が縮むような思いをしたって 瘀血を引き起こすということはイメージはできますか?

があって

気滞(気の流れが滞っている) →気分が落ち込んでいる、イライラする、気が高ぶって眠れない それにともなって頭痛や肩こりまで起こってくる

そんな時に助けてくれる方剤です

婦人科系で使うイメージが強いですが そんなことはなく また、昨今の男子の病気事情は特にメンタルに関し 女子寄りになっている傾向があるらしく 男性でも加味逍遙散が奏功する例もたくさんあります

なんとなく 服用したくなるタイミングがわかりましたか?

もしや? と思ったら試しに助けてもらってください 証が合っていたら服用した時 「ワルくないかも♪」って思えるとおもいます 合っていないと、「なんか違う・・」ってわかりますから お茶でも飲むような感覚で試してみることをオススメします

ただ〜し この方剤のは病位としては進んでしまったものになります ワタシのブログにもあったように この証になる前にうつてだてがたくさんあるわけです この証になった経緯を必ず自分でトレースしておくことです

助けてもらうのはいいことです♪ 自分がわからないまま依存してしまうのは たとえ漢方でも対症療法になりかねません! 上手に自然の力にサポートしてもらってください

良い週末を!

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ