「・・・続き」じゃないほうの

前回、 癌は「・・・続き」のほうの病気に くくられていることが多いと思う としましたが

今から 「・・・続き」じゃないほうの癌が 増えていく状態が進行中だと ワタクシは考えています

2000年〜2012年 健康日本21というキャンペーンで 知ってか、知らずか、 引き寄せ系生活習慣病が 増えたような気がします

キャンペーン期間には 生活習慣病者とその予備軍と言われる方が しっかりカウントされるようになりました

当然、それに伴って薬も沢山動きました

2011年 核事故が国内で起きました

その後 健康日本21(第2次)キャンペーンが 始まり

厚生労働省の 「日本人の2人に1人が生涯でがんになる」 に続いて

全国健康保険協会の 「日本人の2人に1人ががんにかかり、 3人に1人ががんで死亡しています」

がん対策推進企業アクションとして 「国民の2人に1人ががんになり、 3人に1人ががんで亡くなっています」 って、沢山の企業がキャンペーンし始めました

これらのキャッチフレーズは ワタシタチをどのように誘導したいのか〜?

大きくキャンペーンを打つ方たちは よおくいろんなことを 勉強していらっしゃるから こんな言葉によって引き寄せが起きる って知っているはずなのにな

といいますか 1次で確認済みだからなのかな? 引き寄せ系のがんが増えちゃうよね 知ってか、知らずか 増やそうとしているのかな?!

1次のキャンペーンで 今まで普通に生活していた人たちが 必要のなさそうな薬を 漫然と一生懸命のむように なりました

2次のキャンペーンでは ビジネスをまわすファクターとして 扱われることのないように 本当に望むものだけを 引き寄せてくださいね

selfcareSupport 長塚

そもそも論ですが がんは生活習慣病です 生活習慣を正していくのは とりもなおさずです

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ