top of page

とにかく

木を植えにいこう

木にお世話にならない日はありません。
​使ったら植える。
この当たり前をするかどうか
​それだけです。

令和5年開催日程は 
設営 9/22 ​ 9/23
植樹祭 9/24(日)

主催は”北海道”千年の森プロジェクトです。
”北海道”千年の森プロジェクトより直接お申し込みもできます。
日諸木の班で​ご一緒に植樹をご希望される場合には、日諸木経由でお申し込み下さい。

鎮守の森をそだてると

日(いのち)の守られる森が、こころにそだっていきます。

ただ植樹すればいい

​わけでは無い

​宮脇昭先生の果たした実証は、摂理を目の当たりにする思想の実践です。

須佐之男命も植樹した

「海原(現世)を治らせ」との使命を賜った須佐之男命は、髭を抜き、胸毛を抜き、腕毛を抜き、日本中を植樹しました。

少なくとも使った分は
元に戻して
​お還ししたい

伊勢神宮では20年ごとの遷宮を見据え、御造営用材の自給自足を目標に、200年生の檜の育成に取り組まれています。植樹は時間を要する大事業でありながら、当たり前のこととして日本で行われてきました。そしてこの当たり前が日本の文化といわれます。

bottom of page